2012/10/13 鹿島住金横にて鯵とショゴ狙い
みなさん゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
いやぁ〜まいったね・・・・・
なんていうんでしょうか・・・・
釣行麻痺っていうんでうでしょうか・・・・
今週は行かないよ!!!って行ってるのに
「天気いいらしい」
「ショゴも最終だし・・・・」
「住金に入れる時間帯に着くかも・・・」
「週末はお出かけ日和だってよ〜」と甘い言葉を並べるおけらに対して
「ダルイ!!」
と言っても
「行けないぐらいダルイの?」
「ポートになったら荷物持たなくていいから」
など「行こうよ〜〜」な毎度のおけら
まぁここんとこの釣行は雨だっかからいってみようかなぁ〜などと
促されて決行してしまう私・・・・意志が弱い(泣)
住金は相変わらずの無法地帯ですね
ラッキーだったのは角が二人分ほど空いていたので
隣の先客に挨拶をして角に竿を出させてもらいました。
「どうですか?」と聞くと
「いやぁ〜昨日はよかったんですがね〜」と
過去を振り返る釣果を語ってくれました。
(やばぃ今日は鯵が渋いらしい・・・・)
おけらは6.4Mのノベの用意をしてくれます。
ノベにトリック8号を着けて、コマセをスリスリ・・・・
ポキ!
(゚台゚lll  え!!!
なんてことでしょう・・・・・
まだ新しいノベの先が折れてしまいました ウワァァァンヽ(`Д´)ノ
「おけらの買う竿・・・・この頃折れたり無くなったりだね」
「・・・・・。」
不吉な出だし・・・・・
折れた竿先に5.4Mのノベの竿先を入れます。
ジャストフィット!
しかし5.4Mの竿先は柔らかいのでトリックを着けて
海に垂らすと初めから竿先がしなってます。
長さは同じなのに中途半端になってしまった 。・゚・(*ノД`*)・゚・。
おけらは、ポートにハナダイを釣りに1人橋を渡ってしまった。
日が暮れる前になんとかハナダイを釣ってくる!と言い残し
住金からおけらの様子を見てると入れ食いじゃないな・・・・と
見て分かった。
おけらが残していった投げ竿が「チャリンチャリン!」と
何かが掛かった事を知らせます。
「やだな・・・おけらポートに居るのに・・・」
「チャリン・・・チャリン・・・」
「引いてますよ〜」
隣の方に声を掛けられてしまった・・・ヽ(´Д`;)ノアゥア...
渋々と巻くと上がったのは、ハナダイのハンディカム
見ると唇に針が掛かってるけど
その針は唇から出てる
「ゴメンよ、暴れないでね・・・・取るから」
針を持つ
ジタバタジタバタ!!
「ぐあぁ・・・」il||li_| ̄|○il||li
ハァハァ・・・・・ぅぅ動くなって・・・・
仕掛けを持つ
ビタビタビタ!!!
「ヒィーーー」
無理!やめた・・・・。
程なくしておけらが御帰還
「あれ?釣ったの?」
「釣ったよ!(*`u´*)」
ぶっきらぼうに言う言葉で「ぁぁ取れなかったのね」と悟るおけら(笑)
時刻は、PM6:00
鯵の回遊する時刻になりつつある
夕方から釣れ始める鯵。
なのに・・・・・
なぜ・・・・
本当にこの日は回遊してきません。
あたりも暗くなり発電機から灯りを着けます。
海面を照らして鯵パワーを撒きますが
寄っても来ません ウワァァァンヽ(`Д´)ノ
「は!鹿島!明日大潮じゃん・・・・」
っていうか今日の中潮で・・・潮周りは??
満潮がPM14:30 136cm すでに過ぎてる
干潮がPM20:45 56cm  
引く一方じゃん・・・・
明日の潮は大潮で・・・・
満潮はAM2:59 141cm 寝てる暇ないじゃん!!!
この時間帯あたりからショゴ竿だして
朝の鯵も狙わないと
干潮は・・・・AM8:56 (゚台゚lll
まぁ〜潮って引いてても入れ食いって事あるし
あるか?
ポツポツと鯵が掛かるようになるけど
入れ食いには、程遠い
毎回大漁に釣ってる二人には、この釣れ方の
感覚がどうも「釣れない!」にしか思えない。
PM22時になる頃には、風も強くなり
竿置きに置いてる竿が横に動かされてしまう程に
鯵は、この時点で20尾。
「誰だよ!週末はお出かけ日和っていったの!!!」
「だってヤホゥの天気予報で・・・・」
釣りにならないので
AM3時の満潮に合わせ早めの仮眠を取ることに







「ハゥ!!」



「オィ!起きろ!!!」
アラームを掻けないで寝た二人
起きたらAM5時、現地で寝過ごした。
そこからコンビニに行ってトイレを借りオニギリを買って戻ると
薄っすら明るくなってきてる
「まぁ〜朝間は朝間だから・・・・」
慌てる様子もないおけら
「まぁ〜そうだけど鯵って日が昇ると釣れないんだよね。」
「ショゴ待ちで青イソメで投げ釣りだな」
しかし待っても回遊のないショゴ
夜中に諦めて帰ってしまった釣り氏
入れ替わって朝からショゴ狙いの釣り氏が隣に入ってきてけど
隣の10Mほどがショゴの置き竿でイッパイに
そのなかに鯵の泳がせでヒラメを狙っていた竿にヒット!!!
何と50センチUPのヒラメが掛かった
「タモ!タモ!」と同行してた釣り氏に言うけれど
用意してなかったようでタモを探してる
それを見ていたおけらが尽かさずタモを持って走りよる。
「いや〜助かったよ!ありがとう」
「いえいえお互い様ですよ」
「タモとか用意してないと獲物が掛かるんだよな〜」
と隣のオジサン
「ですよね〜うちも用意してると釣れないんで「不吉なタモだすな!」って言われますよ」
と笑いを交えてお話しをしてる
「タモ・スカリ」これは最強の貧果の確立になるアイテムなので
「最初からだすな!」と良くおけらに言います。
とくにタモを用意してると何も釣れないので悪魔の儀式のアイテムです。
となりであんなヒラメを上げてるのを見たおけら
「鯵を泳がせよう!」とヒラメ仕掛けをで鯵を泳がせる。
が、生き餌には何の反応もない。
住金は船が頻繁に通るので投げても遠投できません
根掛りもするので仕掛けや錘のロスが痛いです。
イソメで何が釣れるやら・・・・
チャリンチャリンと音はするけれど小さいアタリ
竿先もビクンビクンと動いているけど
ガンガン!と言うほどのアタリではない
これはハナダイだな・・・・・
諦めムードでリールを巻くと
そこには、20cmちょいの鰈が!!!!!
「おお!やった鰈だよ!」
やっと食材らしき物を釣ったおけら!
「ん〜〜私も釣りたい!!!!」
ここは、アタリが出るまで竿を放置しよう
長めのイソメを食い摘んでいる魚が竿先をチョンチョンと動かす
いつもなら「エィ!」とこのへんで竿を持ってしまうけど
我慢!!
パラパラっと降ってきた雨にも負けず我慢!!!
チャリンチャリン!と鳴ってるけど
我慢・・・・・(゚台゚lll ???
ショゴが釣れないならせめて鰈・ヒラメ・・・・・
グン!グン!
「ん〜〜よし!巻こう!」
リールを巻くと
小さめのハゼがかかってました。
「なにこれ汚い模様」
「お!なんか生餌さにいいじゃん!」
おけらは早速、ハゼを針に刺しで海に・・・・・
しかしこれも帰るまで海でひたすら泳いでました・・・
風も強くなったので少しづつ片付けながら回遊と鰈を待ちます。
チャリン!
「ん!いや・・・・我慢・・・・」
チャリン!グン!グン!
これはハナダイか・・・・・
しかし暫くすると
グン!ググン!と竿先が動きます。
「よし!」
軽く合わせて巻いていくと
待望の鰈が釣れました〜!こちらも20cm程ですが
(写真は取る前に刺身にしてしまったので無いです)
そして、ショゴを断念して帰宅する事に
帰宅途中でお酒を買う事にした二人ですが
近所の酒屋が日曜日お休みなので四ツ木に立ち寄って酒屋で買うことに
陳列している地酒をシミジミと見ていると
日本一不幸な酒 と書かれた日本酒を発見
その名も
一升瓶もあったのですが味が不安だったのでコップ酒を購入
しかしこの酒
マジ!ウマイ!!!!!
米の香り ともったりとした甘みが特徴で
癖になる!
次回は一升瓶で買いたい酒です。

釣った魚キス・鰈・買った魚スーパーの鰈のエンガワ・サーモン・サンマ・を盛るヽ(`Д´)ノ
相変わらずな色物。今回はハナダイを鮓〆にせず湯引きにしました
これも甘くてマイウーな逸品
「釣った魚だけで盛らない?なんか反則行為みたいでヤダな〜」
とおけらに言うと
「見映えってあるじゃん?子供等が食べるから、今回もサーモンとサンマを入れる!」
とスーパーで購入。
しかし鰈 マイウーです
プリプリの身は最高ですね〜
こちらは釣った鯵でカマボコを作りました。
おけらが「作ろう!」と言うので
「フードプロセッサー壊したのおけらだから、すり鉢で擂れよ!」
と言った物の我が家のすり鉢はデカスギで年に1度?登場する程度
そのためスリコギ棒が見当たりません il||li_| ̄|○il||li
一緒にしまっとけば良かったのに別々に仕舞った私が悪い
包丁で叩いて、すり身に近くなった鯵は、スリコギ棒が見つからないと
カマボコに成れません。
必死に探しているけど「探すよりも買ってきたほうが早い!」と言って
おけらがホームセンターに行ってしまった。
数分後に帰ってきた、その手には箱が・・・・・
見るからに棒じゃない
「何買って来た??」
袋から箱を出すと「フードプロセッサー」が登場!
その他にちゃんと棒も買ってきましたが・・・・
なんだってフードプロセッサーまで買ってくるんだか・・・・
しかしフードプロセッサーのお陰で大変美味しいカマボコが出来ました。
これは手作りならではの鯵のカマボコです。
アジフライに飽きていたので新鮮でした。
さ〜て
次回は11月ですかな〜〜〜
そろそろ防寒を引っ張り出すかな・・・・・
ヒートテック着るかな〜
ん〜〜冬眠前にショゴ釣れるかな〜〜〜
<戻る>
inserted by FC2 system